スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
2009 / 02 / 02 ( Mon )
忘れられない彼女の涙・・・

それは家の家族が拾ってきた一匹のメスのクロネコ。

クロネコだけに名前は「シロ」。

自販機の前で寒さに震える、やせ細ったクロネコに手を差し伸べると

コートの裾からスルッと懐に飛び込んできたそうです。

今にも死にそうな程、弱りきった様子の彼女に

なんとか元気をだしてもらおうとその日の夕食のメインだった

マグロの刺身をあげました。

すると彼女は「ウニャウ、ウニャウ、ウニャウ!」と

涙を流しながら…何度も何度もウニャウニャ首を振りながら

「おいしい、おいしい、おいしい!」と言っているように

涙を流すのです。初めて見ただけに驚きました。

腹ペコだったところに、今まで食べたことのないご馳走を

食べての本能の反応だったのでしょう。

もう十数年前の光景ですが、ふとしたきっかけで鮮明に思い出します。

美味しいものを食べた時?いえいえ・・・

マグロの刺身を食べる黒猫を見たとき?イエイエ・・・

じゃーどんなときに思い出す?

それは、自分が三食あたり前のようにご飯を食べている時です。

いつか食糧に困る時代が来るやもしれません。

改めて感謝の意を込めなおして米粒にごめんなさい・・・

肩肘ついて食べる食卓にごめんなさい・・・

シロちゃん!天国で元気にしてますか?

マグロを食べるときは必ずアナタを思い出す♪
スポンサーサイト
10 : 57 : 50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。